Nature "No.1""No.2"原画


"Nature 1"

夕方、3歳の長女と

1歳の長男を連れて

近くの公園に行った。


秋も深まっていて、澄んだ日差しに

綺麗な銀杏の葉がゆれて

少し寒い風が吹いてくる。


ふとドングリが沢山

落ちていることに気付く。

娘が一つ、二つ集めてきて、

ついにはドングリの山になっていた。


ドングリは、ただ落ちていただけ。

誰かに選ばれ、集められた。


呼び集められる、重なり合っていく。

そこに不思議な魅力があった。



"Nature 2"


庭に咲いていた彼岸花。

普段は他の花や雑草に紛れて

あまり目立たないが、


毎年秋になると花が開き

圧倒的な存在感を誇る。


小さいけれど凛として

端っこだけれど鮮やかに。


その生命力に心動いて

複雑に重なり合った花びらを

丁寧に描きたいと思った。

109回の閲覧